鼻翼というコンプレックスから脱出したいです。

顔の中のパーツに関しましては、好きな所とか、嫌いな所が誰しもあるのではないかと思われます。大きく分けると、目、鼻、口になりますが、一番の第一印象として人に見られているように感じるところは目で、次に口、最後に鼻になるように思われるのですが、もし、自分で一番嫌いな所が、鼻であれば、一番は鼻と言う事になるのだと思われます。希望としましては、外人の様な、鼻筋が通った小鼻が理想的ですが、日本人の場合、殆どの方は、低く小鼻が張っているように感じます。その様な鼻翼の鼻も整形手術を受ける事によって、希望通りの鼻に整形出来ます。施術は、30分ほどで終了して、日帰りで出来るようです。ただ、術後の傷跡などのことを考えますと、2、3か月は目立たなくなるまで掛かるようです。それでも、永久的にコンプレックスから脱出出来れば短い時間の様に感じます。

大きな小鼻を小さくする鼻翼縮小術

大きい鼻がコンプレックスになっている女性は少なくないでしょう。小さめの鼻の方が女性らしく見えるせいかもしれません。小鼻を小さくする美容整形手術には、鼻翼縮小術(内側法・外側法・頭側法)、切らない鼻翼縮小術、鼻翼挙上術、鼻孔縁挙上術があります。その内、内側法と外側法が主流の手術法です。小鼻はそんなに張っていないけど、鼻の穴が大きい方には内側法が適しています。鼻の穴の内側を切り、小鼻の幅を狭くします。傷跡は鼻の内側にくるので目立ちません。施術は30分から1時間程度で、ダウンタイムは約1週間です。外側法は、小鼻が横に大きく張っている方に適しています。小鼻の内側から外側まで切り、小さくします。小鼻の外側に傷跡が付き、目立つ場合があります。施術時間は内側法と同じで、ダウンタイムは1週間から10日程です。内側法より難易度の高い手術です。また、メスを使って欲しくない方に人気の手術法が、切らない縮小術です。両小鼻を糸で縫い縮めて小さくします。笑った時に小鼻の膨らみが気になる方に適しています。これも施術時間は同じくらいで、ダウンタイムは3日程です。切らない方法には他に、BNLS注射やボトックス注射があります。鼻の悩みは人それぞれなので、自分に適した方法を選ぶことが大切でしょう。

鼻翼の美容整形について

顔のパーツの中でも、特に鼻にコンプレックスを持つ人は、比較的多いように感じます。一口に鼻のコンプレックスと言っても、鼻が低いのがコンプレックスであったり、団子鼻がコンプレックスであったりと、鼻に関する悩みは人それぞれです。鼻に関する悩みの中でも、鼻が横に広がっていたり、鼻の穴が大きいという悩みを持つ人にお勧めしたいのが、鼻翼を小さくする美容整形です。鼻翼とは、鼻のあたまの両側にあり、ふくれている部分のことで、別名、小鼻とも言います。小鼻を小さくする美容整形は、小鼻縮小術や鼻翼縮小術と言い、小鼻縮小術には、主に内側法と外側法の二種類があります。内側法では、鼻の穴の中を切除、縫合することで、小鼻を小さくします。外側法では、小鼻の外側を切除、縫合することで、小鼻を小さくします。内側法、外側法どちらにもメリット、デメリットがあるため、医師とよく相談した上で、より自分にあった方を選択しましょう。