鼻翼縮小手術で鼻を整形

人の鼻の穴の形はそれぞれですが、中には小鼻が横に広がりは鼻の穴が大きい事にコンプレックスを感じている人もいるのではないでしょうか。そんな方には鼻翼縮小手術がおススメです。鼻の穴の形を修正し、小さな整った鼻の穴にすることが可能です。しかも、切除する部分も最小限に留めるので傷痕も目立ちません。鼻の穴の大きさが気になるけど、傷が残ってしまったら嫌だとという人にも大変おススメです。やはり鼻の穴が大きいと、人と話している際、気になってしまいます。その為、手で鼻を隠したり、不自然になってしまう場合もあるのではないでしょうか。鼻のコンプレックスが原因で、人と顔を合わせるのが嫌だという方は、是非鼻翼縮小手術をしてみましょう。そうする事で、鼻の穴の大きさへのコンプレックスをしっかり解消して、人と話す事が楽しくなるかもしれません。

鼻翼部分の整形をしましょう

最近、鼻翼部分の整形をする方がとても多くなってきています。以前はなかなか施術することが困難な部位でしたが、最近の技術の発達により気軽に施術することができるようになったためです。整形を希望される方々においては、鼻翼の広がりを小さくしたいという希望が非常に多くなっています。この部分は自力で形を変えたりすることが非常に困難ですから、整形に頼った方が良いです。鼻の形が整えば、人相や見栄えが見違えて良くなりますから、美容効果が格段に高い部位であるということができますし、その分やりがいの大きい施術であるといえます。鼻翼部分の整形に興味をお持ちの方は、各美容整形クリニックに行って、整形の相談をするのが良いです。なお、初回の相談は無料というクリニックが多いですから、複数のクリニックで納得行くまで相談することができますので安心して利用することができます。

傷も目立たない鼻翼縮小

鼻の穴を小さくしたい方にオススメな整形が、鼻翼縮小です。整形にはダウンタイムが付き物で、仕事や学校をまとまった期間休めないとなかなか挑戦できませんが、この手術は、傷跡が鼻の内側?横の溝にかけてつくので、周りの人にバレにくいというメリットがあります。大きな腫れは約1週間ほどで落ち着くき、完全に完成するのが6ヶ月後ですが、鼻はマスクを着用していればまったく気付かれないので安心です。抜糸のために一度通院が必要ですが、ギブスの着用などがいらないのは嬉しいです。他の部分は、手術直後からメイクすることができるので、病院からの帰りも安心です。手術とはいっても、1週間後くらいさらはお風呂にも普通に入れるし、サウナや岩盤浴も可能とのことです。鼻の穴が正面から見たときに見えてしまうか、見えないかは顔の印象を大きく左右するので、半永久的な効果が得られる鼻翼縮小は魅力的です。