鼻翼縮小手術により鼻の穴を小さくする

小鼻が上部やサイドに広がっていて、鼻の穴が大きく見えてしまい悩んでいる方には、鼻翼縮小という手術によって、小鼻を小さくして柔らかな印象の表情をつくることができます。この手術では、鼻の穴の内部から小鼻の溝に沿って、傷が目立ってしまわないようにわずかに切ることで、鼻全体のバランスを整えながら、サイドに広がった小鼻を縫っていきます。これによって、大きく開いていた鼻の穴が小さくなり、小鼻もスマートになります。この鼻翼縮小手術には、ふたつの種類があり、内側法と外側法に分かれています。内側法に適しているのは、小鼻は張り出していない、鼻の穴が大きい方です。一方の外側法は、小鼻が外側に向かって大きく張り出している方に適した手術方法です。また内側法と外側法とを合わせた手術もあり、この場合、小鼻が外側に張り出していて、鼻の穴が大きい方に適しています。これらの方法で行う手術では、傷跡が目立つことはほぼないので安心することができます。

鼻翼縮小術に関する特徴

鼻翼縮小術とは、鼻翼の一部を切除した上で小さくしていく手術となっています。そして、鼻の穴が大きく目立ってしまう方や顔全体に関して鼻が大きく見えてしまう方にとって適しています。また、これらに関しては、鼻の外側(鼻や頬の境目より外側の部分)を切除していく外側切除や内側(鼻の孔による部分)を切除していく内側切除がございます。また、外側や内側の両方について切除していく場合もあります。また、一般的においては、これらが外側に大きく張り出していく場合には外側切除であり、これらがあまり張り出していないような場合には内側切除での手術を行っていきます。また、外側切除による方が効果が大きくなりますが、鼻や頬の境目に傷跡ができるようになります。しかし、溝の部分にできるような傷跡ですので、それほど目立つことはないでしょう。そして、外側切除や内側切除に関しては、これらの形状によって、さらに適している方法について選ぶようにしましょう。

鼻翼を縮小してもらい鼻が小さくなりました

顔の中で中心部にあるのが鼻ですが、そこに小さな時からコンプレックスを持っていて、常にマスクをしていました。特に鼻翼が大きく、横に広がった感じに見えるので、小さくしたいなと思っていました。そして美容整形外科を訪ね、鼻翼縮小の手術をしてもらう事になりました。鼻なので心配になりましたが、局所麻酔の手術で1時間もかからないと言われました。価格は40万円程で、とても安いなと感じました。施術当日はコンプレックスだった鼻を眺めながら術後の顔を想像し、とても楽しみにしながら向かいました。メイクを落とし、施術室に入り、麻酔クリームと局所麻酔をしてもらい無事に終わりました。時間は30分くらいで終わり、一週間くらいは腫れましたが、痛みは感じず、とても順調でした。おかげで鼻が小さくなり、すっきりした事で整った顔になりました。